個人サロンが経営につまずいたときに読むブログ

夢と希望に満ちたサロン起業。

好きなことを仕事にしたい
やりがいを感じたい
誰かの役に立ちたい

でも実際は、

集客できない
リピートされない
収入がない

とあなたは悩んでいませんか?

私もこれまでに
数え切れないほどの挫折を経験してきました。

もう辞めようかな…
サロン起業なんてするんじゃなかった…
会社員で働いてた方がよかったかな…

と何度も何度も思いました。

そのたびに
必ずわたしは、


何のために働くの?


自問自答するんです。

そして、
原点に戻るのです。
初心に返るのです。

このブログを読んでいるあなたへ。
仕事で悩んだりつまづいた時に読んでほしい、
「3人のレンガ職人」というストーリーをお届けします。

ある旅人が町はずれの一本道を歩いていると、険しい顔をしてレンガを積んでいる男に出会いました。

「ここで何をしているのですか?」
旅人が尋ねると、

「何って、見ればわかるだろ?レンガを積んでいるんだよ。俺は、朝から晩までここでレンガを積まなきゃならないのさ。毎日同じことの繰り返しだし、体もしんどくて疲れちまったよ。」

旅人は、
「大変ですね」と声をかけて立ち去りました。

少し歩くと、また別の男がレンガを積んでいました。
先ほどの男のように、疲れては見えませんでした。

「ここで何をしているのですか?」
旅人は同じように尋ねました。

「大きな壁をつくっているんだよ。レンガを積むのが俺の仕事でね。」

「大変ですね」
旅人が声をかけると、

「なんてことないさ。この仕事のおかげで家族を養っていけるんだ。ここでは家族を養えるだけの仕事はなかなか見つからない。働けるだけでもありがたいよ。」

旅人は、
「頑張ってください」と声をかけて歩き出しました。

するとまたひとり。
今度は、生き生きとした顔でレンガを積んでいる男がいました。

「ここで何をしているのですか?」
旅人は尋ねました。

「大聖堂をつくっているんだ。今つくっている部分が外壁になるのさ。」

「大変ですね」
旅人が声をかけると、

「とんでもない!これは歴史に残るくらいの立派な大聖堂なんだ。完成したら、ここでたくさんの人が救われる。そんな大聖堂をつくった職人のひとりになれるなんて、素晴らしいだろう?」

「ありがとう」
そう声をかけて旅人は歩いて行きました。

出典元:イソップ寓話「3人のレンガ職人」

いかがでしたか?

間違いなくあなたは、
3人目のレンガ職人に心を掴まれたことでしょう。

わたしも同じです。

やらされているのでもなく、
生活費のためだけでもなく、

誰かの役に立ちたい!
やりがいを感じたい!

そう決意して起業されたのですから。


何のために働きますか?


あなたにも
心を奮い立たせる
ストーリーがあるはずです。

つまずいた時は
思い出してください。

あなたを必要としている
誰かが待っているのですから。

タイトルとURLをコピーしました